戸塚区 訪問看護 利用方法

訪問看護必要度・利用について

MENU

訪問看護必要度チェックリスト

以下のような項目に一つでも該当する場合は、訪問看護の利用について、ご検討ください。
矢印 現在の療養状況は?
食事・栄養状態について □ 食事療法が必要
□ 食事の摂取量が少ない
□ 食事内容に極端な偏りがある
□ 水分摂取量が少ない
□ 誤嚥しやすい
□ 脱水をおこしやすい
排泄について □ 排尿障害がある
□ 便秘がある
□ 頻尿がある
□ 尿が出にくい
□ 排便のコントロールがうまくできない
□ 浣腸や摘便が必要
清潔について □ 入浴や清拭の介助が必要
□ 入浴時に脈や血圧が変動しやすい
□ ひとりで浴槽に入れない
□ こう腔内の清潔が保てない
移動について □ 転倒の既往がある
□ 介助が必要
その他 □ 精神的に不安定
□ 不眠
矢印 医療処置がある?
□ インスリン療法等の自己注射
□ 経管栄養(胃ろうなど)
□ 点滴
□ 中心静脈栄養
□ 創傷や褥瘡の処置
□ 人工肛門(ストマケア)がある
□ 腹膜透析
□ 尿路系管理(留置カテーテル、自己導尿、人工膀胱)
□ 疼痛管理
□ 在宅酸素療法
□ 人工呼吸器(マスク式・気管切開下)
矢印 服薬の管理は大丈夫?
□ うまく薬が飲めない、または決められたように薬が飲めない
  (飲み残しがあったり、予定より早く薬がなくなったりすることがある)
□ 薬に対する理解が不十分であり、服薬が中断する心配がある
矢印 リハビリテーションは必要?
□ 自宅での生活は、寝ている時間が多い
□ 寝たきりや廃用症候群になりやすい
□ 継続してリハビリが必要
□ 病状を看ながら、無理のない看護師によるリハビリが必要
矢印 介護を取り巻く、ご本人やご家族の状況はいかがでしょうか?
□ 一人暮らし
□ 日中は家族の方が不在等介護(看病)をする人がいない
□ 家族の負担が大きい
□ 介護者の健康に不安がある
□ 在宅療養に対する本人・家族の不安が大きい
□ 病状が不安定で、入退院を繰り返している
□ 終末期を自宅で過ごしたいという希望がある

訪問看護を利用するには?

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要となります。

医療保険で訪問看護を利用する場合

赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。ご利用を希望する際には、かかりつけ医にご相談ください。訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。

イメージ

介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

イメージ

療養生活に関するご相談は、お気軽にご連絡ください。

スタッフ紹介 サービス内容

お問い合わせ

訪問看護ステーション道のスタッフを紹介します。
最高の看護を提供いたします。

サービス内容

サービス内容について詳しく解説しております。
訪問看護必要度・利用について お問い合わせ

訪問看護必要度・利用について

訪問看護を利用する方法について
詳しく解説しております。

お問い合わせ

ホームページを見て何か不明な点などあれば
お気軽にお問い合わせください。